オリジナル抜染グッズ・四国八十八ヵ所お遍路用品から讃岐うどんまで!お土産本舗KIT-HIT-SURU

※ご購入の方は下記ご購入窓口より次の項目を入れて送信してください。
【入力項目】ご購入商品名、個数、お名前、住所、電話番号、お支払い方法
ご購入窓口


メルマガ購読者募集プレゼント
JR丸亀駅展示
 
海外発送承ります。
       
【お品書き】
ムーミン谷の商品
讃岐うどん
抜染Tシャツ
パロディTシャツ
抜染和柄ふんどし
帽子/キャップ
抜染甚平
暖簾(のれん)
抜染バッグ
抜染綿入り半纏
お遍路巡礼用品
メッシュ底温泉ポーチ
ハッピ型携帯ホルダー
ブーツキーパー

Information
 ・お客様の声
 ・Q&A
 ・卸売について
 ・店舗情報
 ・特定商取引表示
 ・個人情報の保護



第13号(08夏号)
2008年6月25日発行
定価:600円(税込)
■インタビュー 日本の宝物「うどん」を世界に発信していく  
          日本うどん学会・会長 佃昌道
■インタビュー 日田発の「鮎魚醤」を世界に問う
          醸造元原次郎サ左衛門・代表 原次郎左衛門正幸
■台湾における「讃岐」商標権問題
■ビーフンとうどん そして「めぐり合わせ」・・・・・武林正樹
■バンコクレポート〜讃岐うどんいろいろ・・・・・松井隆
■インタビュー 小麦の価格はどうなるのでしょう?
          大陽製粉株式会社・取締役社長 古賀脩平
■インタビュー 「魚そうめん」ってどんなものですか?
          トクスイフーズ株式会社・給食事業課 末吉信隆
■日本うどん学会第5回全国大会研究報告
 出雲そば虚実・・・・・川上正夫
■博多名物「ごぼう天うどん」を復元する・・・・小川敏之
■そば打ちの癒やし・・・・・斎藤誠
■この店この味 
 鹿児島市谷山『海乃屋』・・・・・井上知弘
 奈良県大和郡山市『豚の骨』・・・・・沖山欣也
 『手打 草部うどん 国分寺のらや』・・・・・植村達男
 高知県宿毛市『満来屋』・・・・・坂本雅彦


■バックナンバー   ※ご購入いただけます。各600円(税込)


第12号(08春号)
2008年3月20日発行
■インタビュー  重光産業株式会社 代表取締役 重光 克昭氏
  シャンゼリーゼに『味千ラーメン』を ・・・・・奥山 忠政
■中国麺食日記〜『香川県麺交流の翼〈西安・太原コース〉』〜・・・・・諏訪 輝生
■アジア麺文化研究会・日本うどん学会 共同研究報告会特集 
  研究報告「日本のめん文化〜手延べそうめん〜」・・・・・植田 和美・高橋 啓子
  研究報告「なぜ『讃岐うどん』は商標登録できなかったか」・・・・・堀家 和博
■和三盆のふるさと讃岐・・・・・村井 真明
■[解説]和三盆についての一推理 ・・・・・奥山 忠政
■そばの店開業講座 その五・その二・・・・・田口 俊英
■「世界一受けたい授業」出演始末記 ・・・・・奥山 忠政
■特別寄稿
  「富士宮やきそば」から「愛Bリーグ」に至る
  「感性価値創造」に関する一考察 ・・・・・渡邉 英彦
■創刊満3年に寄せる
  野瀬泰申・山田龍雄・森貞俊二・芹澤知広・江頭宏昌・西表宏
  松井隆・松島憲一
■ニュース・クリック(短歌・俳句・川柳)
■この店この味
  東京・入谷『中華そば光江』 ・・・・・井上 知弘
  京都・仏光寺『新宿・めんや・風花』 ・・・・・沖山 欣也
  滋賀県東近江市・五箇荘『めんめん たなか』 ・・・・・植村 達男



第11号(07冬号)
2007年12月20日発行
■インタビュー 台北市『土三寒六 さぬきうどん』社長 樺島 泰貴 氏
  中力粉最高の芸術品「さぬきうどん」を世界に問う・・・・・奥山 忠政
■アジア麺文化研究会・日本うどん学会 合同研究会 研究報告
  基調講演「四国三郎 吉野川麺紀行」・・・・・清重 泰孝
■こんにゃく麺入りラーメン缶の展開・・・・・石塚 哉史
■大宰府の空海〜さぬきうどんの起源についての一推理〜・・・・・奥山 忠政
■うま味調味料の製造方法・・・・・外内 尚人
■そばの店開業講座 その五・その一・・・・・田口 俊英
■特別寄稿
  キタッラと切る道具の知恵(下)・・・・・周  達生
■この店この味
  福岡市・田隈『ふくちゃん』・・・・・井上 知弘
  大阪市・鶴見『カドヤ食堂』・・・・・沖山 欣也
  国分寺のうどん店『甚五郎』・・・・・植村 達男
■ニュース・クリック(短歌・俳句・川柳)



第10号(07秋号)
2007年8月31
日発行

■インタビュー ワイエスフード株式会社 代表取締役社長 緒方 正年 氏
  「体当たりで育てた筑豊人情ラーメン」・・・・・奥山 忠政
■弘法大師空海とうどんのルーツを訪ねて(下)・・・・・村井 真明
■五島うどん 全国区にデビュー・・・・・中多 育郎
■知っていますか? うま味調味料・・・・・二宮くみ子
■店舗コンセプトの理論と実践・・・・・重野 和稔
■自家製麺か麺線購入か・・・・・松井  隆
■物語『大宰府の空海』をつむごう・・・・・奥山 忠政
■「タイ麺事情視察および現地セミナー」参加者募集
■メルボルン最新麺事情・・・・・児島 励二
■江戸蕎麦の食べ方、食べ歩き方 その三・・・・・ほしひかる
■そばの店開業講座 その四・その二・・・・・田口 俊英
■特別寄稿   キタッラと切る道具の知恵(上)・・・・・周  達生
■この店この味
  京都・仏教大学前『たんぽぽ』・・・・・井上 知弘
  大阪・高槻市『彩色ラーメン きんせい』・・・・・PAPUA
  『出雲そば街道 出雲・石見・隠岐・伯耆のそば屋めぐり』・・・・・植村 達男
■飲食業2006年度売上高ランキング



第9号(07初夏号)
2007年5月25
日発行

■インタビュー 株式会社めりけんや 代表取締役社長 諏訪 輝生氏
■「たかがうどんや されどうどんや」〜夢は全国に そして世界に〜・・・・・奥山 忠政
■弘法大師空海とうどんのルーツを訪ねて(上)・・・・・村井 真明
■タイにラーメン店を出す・・・・・佐藤  稔
■住んでる人が愛せないと〜「つゆやきそば」の黒石市から〜・・・・・佐藤 文彦
■昆布について・・・・・段野 治雄
■江戸蕎麦の食べ方、食べ歩き方 その二・・・・・ほしひかる
■そばの店開業講座 その四・その一・・・・・田口 俊英
■文献紹介「讃岐うどん」を考えるための2著・・・・・奥山 忠政
  麺通団『恐るべきさぬきうどん』
  野口郁次郎・勝見明『イノベーションの作法〜リーダーに学ぶ革新の人間学』
■この店この味
  東京・武蔵村山市 武蔵野うどんの店『久兵衛屋』・・・・・植村 達男
  大阪・千日前 『釜たけうどん』・・・・・PAPUA
  東京・大井町 『永楽』・・・・・井上 知弘
■広報「アジア麺文化研究会」
■広報「富士宮やきそば学会」



第8号(07早春号)
2007年2月28日発行

■インタビュー 新横浜ラーメン博物館 館長 岩岡 洋志 氏
■「新横浜ラーメン博物館とラーメンの、これまでとこれから」・・・・・奥山 忠政
■アジア麺文化研究会・日本うどん学会 合同研究会 研究報告
  研究報告「博多うどんの誕生と現状」・・・・・田口 俊英
  研究報告「現代韓国の麺文化」(下)・・・・・藤本わかな
  研究報告「空海とうどんの関連性についての一考察」・・・・・田中 俊男
■「国際ソバシンポジウム」案内
■江戸蕎麦の食べ方、食べ歩き方 その一・・・・・ほしひかる
■「無化調」神話と訣別しよう・・・・・奥山 忠政
■丸五市場に「アジア屋台村」ができる!(座談会)
■西村政之・正岡健二・入谷仁得・若狭健作・金宣吉
■そばの店開業講座 その三・・・・・田口 俊英
■『だご汁の歌』
■この店この味
  大阪・此花 醤油そば『一信』・・・・・PAPUA
  東京・小平『むぎきり』・・・・・植村 達男
  東京・神田『トツゲキラーメン』・・・・・井上 知弘
  「新春こんぴらさん・善通寺初詣〜うどん食べ放題」・・・・・森貞 俊二



第7号(06初冬号)
2006年11月30日発行

■アジア麺文化研究会・日本うどん学会 合同研究会 研究報告
  基調講演「メソポタミアから九州・四国まで」・・・・・奥山 忠政
  特別講演「変化の兆し、うどんそば店の未来予想図」・・・・・藤井  薫
  研究報告「現代韓国の麺文化」(上・・・・・藤本わかな
  シンポジウム「麺、新しい世界への展望」
     武林正樹・坂口光一・井上知弘・西表宏・数納朗/上田喜博
■信州の粉物〜信州コナモンツアー同行記〜・・・・・松島 憲一
■To B or not to B, that is the 食え-stion !
   B級ご当地グルメのポテンシャリティーに関して・・・・・渡邊 英彦
■「カツオのお茶漬け風ラーメン」・・・・・奥山 忠政
■「鋭意努力中です」(武内聡明様への返信)・・・・・八田 浩一
■そばの店開業講座 その二・・・・・田口 俊英
■この店この味
  東京・神田『吉田のうどん 楽屋』・・・・・植村 達男
  大阪・上本町『麺乃家』〜何が優しい味わいか〜・・・・・PAPUA
  熊本県人吉市『好来ラーメン』・・・・・井上 知弘
■ニュース・クリック(短歌・俳句・川柳)
■「お好み焼きの店」開業資料メモ



第6号(06盛夏号)
2006年8月5日発行

■ルポルタージュ 「麺の伝道師」藤井 薫氏を大和製作所グループに訪ねて
                           奥山 忠政
■芸術作品である麺を更に進化させ市場を変えていく・・・・・藤井  薫
■製麺機発明者 真崎照郷 小伝・・・・・奥山 忠政
■うどん伝来の一考察・・・・・山野 明男
■「ぱぁすちー」from "コーニッシュ・パスティー”・・・・・濱田 友緒
■ブータン王国の即席麺・・・・・松島 憲一
■出石そば伝来300年祭の取り組み・・・・・牛田 正美
■福岡県大川市「まるごとコナモン交流会」
    水餃子作りで際立った多彩な食材の顔・・・・・田中 敬子
■「あまべラーメン」開発記 続々編・・・・・仲野 貴明
■「チクゴイズミ」に望むこと・・・・・武内 聡明
■ソーメンが食欲を増進し記憶を呼び覚ます・・・・・末松美保子
■そば屋開業で残りの人生を・・・・・松重 則幸
■そばの店開業講座 その一・・・・・田口 俊英
■ラーメン店開業講座(6)・・・・・田原 孝明
■文献紹介 榊原英資『食がわかれば世界経済がわかる』・・・・・奥山 忠政
■この店この味
  “武蔵野うどん”を訪ねて・・・・・植村 達男
  大阪うどん・そば『てんま』・・・・・PAPUA
  うどんツアー 〜赤坂製麺所〜・・・・・森貞 俊二



第5号(06初夏号)
2006年5月10日発行

■インタビュー 株式会社田中三次郎商店 代表取締役 田中宏 氏
■「水車製粉用篩網からハイテク機器まで」・・・・・平岡昭利・奥山忠政
■日系製麺企業における中国進出と企業展開の実態
           数納 朗・石塚哉史・小泉隆文
■小麦粉・蕎麦粉と虫歯・歯周病について・・・・・日高 三郎
■表紙解説・色鍋島そば花図大鉢・・・・・田口 俊英
■長崎・島原半島のサツマイモ押し出し麺「六兵衛」・・・・・松島 憲一
■対馬のさつま芋麺「ろくべー」・・・・・小嶋多鶴子
■ラーメン店開業講座(5)・・・・・小田原孝明
■北海道江別市〈地域ブランドづくり〉
  『江別小麦めん』の取り組み・・・・・杉野邦彦・大川直久
■九州産100%ラーメンへの助走・・・・・八田 浩一
■アジア麺文化文化研究会・日本うどん学会 共催シンポジウム
 「麺文化を活かした町おこし」  駄田井正・熊谷真菜・渡邉英彦・森貞俊二・三宅耕三
■この店この味
  多田鐡之助『うまいもの』に関する若干の考察・・・・・植村 達男
  関西鶏塩ラーメン『上方屋五郎ヱ門』・・・・・PAPUA
  ラーメンブームの予感・・・・・麺×徳



第4号(06早春号)
2006年2月15日発行

■座談会 神戸・新長田「お好み焼きの街」からマイノリティー共生のまちづくりへ
     正岡健二・森崎清登・東朋治・道満善弘・山中勧
■『斉民要術』解題・・・・・ア村 弘文
■水車動力の歴史地理・・・・・平岡 昭利
■麺、博多に興る・・・・・田口 俊英
■言葉としての「ちゃんぽん」の変遷・・・・・松島 憲一
■薬味としてのミョウガ・・・・・皆本 景子
■六甲山地北側の水車・・・・・永田  實
■グルメ本に見る1960年代のソバ、うどん・・・・・植村 達男
■時事解説・「魚醤」の時代始まるか・・・・・奥山 忠政
■美味しい愉しい「コナモン楽講座」(4)・・・・・熊谷 真菜
■「ラーメン店開業講座」(4)・・・・・小田原孝明
■「八戸せんべい汁」全国ブランドへの挑戦・・・・・木村  聡
■日本一のお好み焼タウンを目指せ・・・・・東  朋治
■評論「真の職人魂とは」・・・・・麺 × 徳
■文献紹介(熊谷真菜『たこ焼き』 森枝卓士『アジア ラーメン紀行』)  奥山 忠政
■資料「即席麺生産量と一人当たり消費量の推移」
■資料「即席麺世界市場總需要一覧」
■資料「ラーメン価格の推移」



第3号(05秋号)
2005年11月30日発行

■対談『四海楼』専務取締役陳優継氏×本誌編集長
  「明治のヌーヴェル・シノワ ちゃんぽん/皿うどん」
■餃子考・・・・・鹿毛  剛
■内蒙古のエンバク麺「?麺」・・・・・松島 憲一
■沖縄そばへ麺そーれ・・・・・西表  宏
■有田焼「究極のラーメン鉢」開発記・・・・・川原 耕洋
■「釧路ラーメン」ここにあり!!
  『ら・フェスタ2005』レポート・・・・・竹田 貴治
■「臼津関ラーメン」開発記・続編・・・・・仲野 貴明
■「さぬきうどんインストラクター」資格認定コース
■ラーメン店開業講座(3)・・・・・小田原孝明
■美味しい愉しい「コナモン楽講座」(3)・・・・・熊谷 真菜
■「小麦さま」のこと・・・・・浦部 知之
■ニュース解説「4000年前のめん!?」・・・・・奥山 忠政
■最近のわが国におけるうどん・そばの消費動向の実態
                   小泉隆文・石塚哉史・数納 朗




第2号(05夏号)
2005年7月31日発行

■座談会「安うて、美味しゅうて、楽しけりゃええやんか!」
     熊谷真菜・PAPUA・山下未奈子・山鉄
■麺食文化のなかの朝鮮・・・・・李  建志
■『守貞漫稿』に見る江戸時代の麺文化・・・・・ア村 弘文
■ブータン王国のソバ料理・・・・・松島 憲一
■「五穀ラーメン」から始まった町おこし・・・・・小野寺悦夫
■生駒山麓「河内七谷」の水車・・・・・村上 廣造
■催事の経済波及効果・・・・・松尾  匡
■ラーメン店開業講座(2)・・・・・小田原孝明
■美味しい愉しい「コナモン楽講座」(2)・・・・・熊谷 真菜
■米麺の世界を拓く新技術・・・・・藤井 秀夫
■評論「支持者というもの」・・・・・麺 × 徳
■日本の小麦生産と品種改良・・・・・八田 浩一
■小麦製粉と小麦粉製品・・・・・中村 隆男
■麺と薬味の健康機能性・・・・・松島 憲一
■石臼学序論・・・・・三輪 茂雄
■資料「飲食業2004年度店舗売上ベスト100」
■資料「都道府県庁所在市別1世帯当たり品目別年間支出金額」




創刊号
2005年4月20日発行

■創刊記念座談会「麺とたわむれ、麺を楽しみ、麺に学ぶ」
      駄田井正・坂口光一・実藤明子
■長友大先生講演「ソバの研究五十年を回顧する」記録と注釈・・・・・松島 憲一
■異文化からみた郷土麺の認知・行動について・・・・・三宅耕三・岡田雅樹・武林正樹
■「臼津関ラーメン」開発記・・・・・仲野 貴明
■「ド・ロさまそうめん」の外海町を訪ねて・・・・・尾崎 正利
■召し上がれ!くまもと名物「太平燕」・・・・・宮尾千加子
■タイ麺のいろいろ・・・・・川辺 真理
■「ラーメンフェスタin久留米」リポート・・・・・沢谷真紀子
■「富士宮やきそば」の地域ブランド確立戦略・・・・・渡辺 英彦
■ラーメン店開業講座(1)・・・・・小田原孝明
■メルボルン「桃太郎ラーメン」出店記・・・・・児島 励二
■美味しい愉しい「コナモン楽講座」(1)・・・・・熊谷 真菜
■リポート「バンコクまで麺を食べに行ってきた」・・・・・皆本 景子
■評論「名店に陰徳有り」・・・・・麺 × 徳
■屋台から見るアジア都市文化の深層・・・・・南  博文
■資料「外食・中食産業構成と市場規模」
■資料「飲食店業態別商店数・従業員数・年間販売額」


『麺の世界』編集長 奥山忠政

【略歴】
昭和35年(1960)神戸大学法学部卒業
総合商社社員・ホテル総支配人・大学講師を歴任
平成11年(1999)久留米大学大学院前期博士課程修了(文化経済学)
「日本うどん学会」理事 / 「アジア麺文化研究会」世話人・事務局長

 

 

営業日のご案内
土・日・祝祭日はお休みを戴いております。土・日・祝祭日のご注文は翌営業日の受付となります。
 
お問い合わせ先
(株)セントレディス
〒763-0065
香川県丸亀市塩屋町3-10-29
TEL:0877-25-0822
email :omiyage@stladys.com
担当:鈴木 尉継
お支払いについて
代金引換、銀行振込 (前払い)ご利用いただけます。
海外からのご注文に関しては銀行振り込み(前払い)のみとさせて頂きます。
●お支払い金額
商品代金合計(税込)+送料(税込)
商品代引きの際は別途手数料315円(税込)が必要となります。
●送料
全国一律800円(税込)
(但し北海道・沖縄 1500円〜 一部離島は別途必要)
お買い物10,000円以上は無料